妊娠初期に不可欠なビタミンAの摂り方

妊娠初期に不可欠なビタミンAの摂り方

妊娠初期には栄養が大切ですが、その中でもビタミンAは特に欠かせない栄養素なんです。

 

ビタミンAは胎児の重要な器官の形成に必要です。

 

妊娠初期は、器官が形成される時期で、不足すると奇形発生のリスクがあると言われているからです。

でも、ビタミンAが不足するというのは、どういう状態になるんでしょうか。

 

ビタミンAが不足すると、体がだるい、顔色が悪い、便が緑、肌荒れなどの症状が出てきます。

 

ただ、この時期だとつわりでも体のだるさや、食事が摂れなくて肌荒れが起こります。

 

ほとんどの妊婦さんなら、これまで健康に過ごしてきたわけですから、体の中に既に蓄積されたビタミン類があります。

 

多少の不足になってもこの蓄積されたビタミンが、胎児に栄養として運ばれるので、あまり気にする必要はありません。

 

それでも、気になるという人は、葉酸サプリメントなどで補うとか、医師に相談して、心配を解消してください。

妊娠初期には過剰に摂取することは注意

ただ、ビタミンAも、妊娠初期には過剰に摂取することは注意をしなければなりません。

 

厚生労働省ではビタミンAは1日5000IUまでと上限値を設定しているのですが、サプリメントなどで、簡単に沢山摂取できてしまいますので、指定されている量以上の摂取はやめましょう。

 

野菜を沢山摂り過ぎたと心配をされる方が時々見受けられます。

 

でも、野菜は体内のビタミンAが既に十分にあるなら、体の中でビタミンAに変化しないでβカロテンとして吸収される特性があり、野菜を摂り過ぎても問題はありません。

緑黄色野菜や海草は進んで摂取したほうがいいんです。

 

でも、動物性食品に含まれるビタミンAは注意が必要。

 

動物性食品のビタミンAに含まれるレチノールという成分は、1日の限度量を過剰に上回った量を毎日摂取し続けると、胎児に奇形の可能性があるそうです。

 

毎日毎日動物性食品を過剰に摂りつづけるのは良くないですが、普通に生活して、普通の食事を続けている限りにおいては、10000IUのビタミンAどころか、5000IUのビタミンAだって、摂取することは難しいでしょう。

 

まずは普段通りの生活をつづけ、さらにバランスの良い食事を心がけることが大切ですね。

妊娠初期のビタミン類の効果

◆ビタミンB

ビタミンBは妊娠初期に摂取しすぎても、胎児に影響は出ません。

 

◆ビタミンC

ビタミンCを過剰に摂取しすぎるとつわりが重くなる可能性があります。

 

また、妊娠中毒症の発症にも影響があると言われています。

 

◆ビタミンD

ビタミンDを過剰に摂取しすぎると、高カルシウム血症、胎児の骨格異常、精神発達の遅れ、などの影響が出る場合があります。

 

◆ビタミンE

ビタミンEは流産や早産を防ぐことができます。

 

摂取しすぎても特に問題が起こらないため、積極的に摂ったほうがいいですね。

 

いずれのビタミンも、とにかく過剰摂取をしないということが基本です。

 

摂り過ぎが却って悪い影響を出すこともありますが、ビタミンは体に必要な大切な栄養素ですし、不足するとビタミン欠乏症などの重大な病気を誘因してしまいます。

 

まずはバランスよく摂ることを心がけましょう。

 

それに、妊娠前や妊娠初期にビタミン剤やマルチビタミンを摂取していると出産後に子供の脳腫瘍の発症率が減るということも言われています。

 

妊娠後期ではもう遅いので、摂取してもあまり意味がありません。

 

でも、妊娠初期の過剰摂取はやめてくださいね。

美容に関してリンク集

顔のたるみを改善する方法に良い食材・・・それは、シャケ!シャケには素晴らしい美容成分が、たっくさーん入っています。若返りの成分、ビタミンEのなんと1000倍の抗酸化力を持っているアスタキサンチンや、お肌にハリを与えて、リフトアップさせる成分、DMAEも、たっぷり入っているんですよ〜(^^ゞ