つわりの症状と対策

つわりの症状と対策

妊婦が一番苦労する時期、それがつわり。

 

そんなつわりのときの対策をご紹介します。

 

◆食欲不振
つわりになると気持ち悪かったりして食不振になります。

 

でも、赤ちゃんのためには食べなきゃ、ってお母さんとして思うでしょう。

 

でも、そんな無理はする必要はないのです。

 

妊娠初期の頃は、まだまだ赤ちゃんは小さいので、お母さんの体に元々蓄積されていた栄養だけで十分。

 

無理に食べて具合が悪くなるくらいなら、食べないでいる方がかえってつわり対策になるんです。

 

食欲がなくても、不思議と○○食べたい、と特定のものだけが食べたくなるのもつわりの特徴ですね。

 

特に酸っぱいもの、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系、梅干し、それにさっぱりしたトマトやキュウリなどの野菜などが欲しくなる人が多いようです。

 

それ以外にも、フライドポテトや、ラーメン、ハンバーグなどの脂っこいものやしょっぱいものが欲しくなる人だっています。

 

つわりの時期の基本は、「食べられるものを食べられるだけ」食べることです。

 

理想を言えばバランスの取れた食事が食べれるのがいいんですが、つわりの時はそんな贅沢は言えません。

 

まずは、無理をしない、ということです。

 

◆食べづわり

食後は調子が良くなり、消化が進む数時間後に空腹になってくると気持ち悪くなるという人もいます。

 

この症状の場合は、2,3時間おきに何かを少しずつ口にすれば防げる症状です。

 

ただ、少しずつ食べることを繰り返していると、ついつい食べ過ぎになって太りやすくなります。

 

なので、食べるものに注意しましょう。

 

お菓子より果物、おにぎりは小さめに握る、など工夫をしていきましょう。

 

◆吐きづわり

何を食べても吐いてしまう、一番つらいつわりの症状でしょうか。

 

スポーツドリンクなどをうまく使って、効率よく水分補給をするように心がけてください。

 

水を飲んでも吐き出してしまうようなら、脱水症状を起こすといけないので、早目に医師に相談してください。